menu

只今、改装中です。旧サイトはこちらからどうぞ

「晴れてよし曇りてもよし富士の山 もとの姿は変わらざるけり」

山岡鉄舟


ポートレート・宣材写真・プロフィール写真撮影

モデル、タレント、アーティストの宣材写真・プロフィール写真撮影から企業パンフレット、リーフレット、劇団・アーティストの公演フライヤー、ポスター、コンポジット・写真集など使用目的に合わせた人物撮影をしています。

あなたの魅力をあなたのコトを知らない人達に端的に伝えることが宣材写真を撮影する意義だと思います。

真っ直ぐ

正面の顔はいい。顔も身体も真っ直ぐこちらを向いている姿は言葉以上に伝えるものがある。

仕草は個性

カメラの前で飾る飾らない、緊張する緊張しない、どちらも個性。演出する、演出しない、撮り手は悩む。ただ、仕草が出るように仕向けたいと思う。

写真は引き算

写真は四角い枠に納める行為。撮り手の意志によって、目の前の風景を切り取りしなければいけない。一般的にいえば、フレーミングという行為。どうしても写真は引き算になる。これが撮りたい、伝えたい。分かりやすくするために他の排除する。 から、足し算が始まる。

写真においての足し算、引き算は理解できるが掛け算と割り算が腑に落ちない。でも、微分積分なら分かる気がします。微分はシャッターボタンを押した瞬間、積分はその時の思い。なんとなく。


撮影会しています。

モデル募集しています。


m07

美しいモノを撮っているのだから美しい写真が出来るのは当たり前のこと。でも、その当たり前のことが難しい。利休七則 

「綺麗に撮ろう」なんて思ったら撮れない。そんなことを思うのは目の前の被写体を美しいとは思っていない。美しいと感じたからシャッターボタンを押す。真に思っているのなら「正確にコピーしよう」と思うはず。

モデルを目指している方に思うこと